バストアップに欠かせない成分はタンパク質

Categories:  バストアップへの間接的な効果

バストアップに欠かせない成分は、タンパク質ですが、その役目を確認しておきましょう。

タンパク質は私たちの体の筋肉、骨、血液の材料となるほか、靭帯、腱、内臓、髪の毛、爪、皮膚、ホルモンなど、カラダづくりのあらゆる材料として、使われている栄養素です。

バスト自体は脂肪なんですが、その脂肪が乗る土台が筋肉で、これがしっかりしていないと、単なる垂れた脂肪の塊になってしまいます。プリッと張りのあるバストアップには、胸の筋肉は欠かせないのです。

そのタンパク質は、糖質や脂質からのエネルギー供給に不足が生じる場合には、エネルギー源としても利用されるので、飢餓状態のエネルギーと言われます。

タンパク質はアミノ酸という分子が結合したもので、20種類のアミノ酸の結合の違いによって、さまざまなタンパク質がつくられます。

そのほとんどは、他のアミノ酸などから体内で合成できますが、体内で合成できない9種類のアミノ酸は〈必須アミノ酸〉と呼ばれ、食事でとる必要があります。

一番良いのは大豆などの植物性タンパク質です。動物性のタンパク質は、摂り過ぎると脂肪に代わり、せっかくバストアップの脂肪が多くなっても、同時にダイエットもしないといけない・・ということになってしまいます。

 

>> 動画で詳しくバストアップ方法を見たい方はこちら!